ITビジネスの真心あるサービス対応 その1

取引などの応対で、サービスの行き届いた対応をするのは、ビジネスマンの基本です。真摯に相手の声を聞き、真剣に考えて言葉を選び、相手に返す、たったこれだけのことで、「よし、この仕事を抜かりなくやってやろう。」というモチベーションが生まれるものだということを、私は常々感じています。ところが、最近は、信用金庫、文房具店で、私はずさんな対応をされました。前者では、通帳を忘れただけで不審者扱いを受け、そそくさと帰らされました。後者では、目当ての品物があるかどうかを店員に尋ねたところ、「お取り寄せしましょうか。」などの気配りもなく、「ないです。ないです。」の一点張りです。これら二つの例は、サービスの行き届いていない対応の代表格といえます。その点、最近のネットショッピング会社や、クラウドソーシング会社の対応は、まことに相手へのサービス精神が行き届いており、古きよき日本社会のよさが息づいています。

貸会議室 新宿・代々木

ランディングページ作成をはじめてみませんか

人気口コミ家事代行 大阪

出張マッサージ 京都市